ベビーステップ

<這えば立て、立てば歩めの親心>
この前、読んだ本に書いてあったひとことです。
最近の私は、このことを忘れていたかも・・・

赤ちゃんを育てるとき、
ハイハイができるようになれば「すごい」と喜び、
立てば感動、アンヨができるようになれば「上手!」と手をたたく。
親としてひとつひとつが嬉しくて、求めるものも何もなかったように思います。
でも、大きくなるとさらなる欲が出てきてしまうんですよね・・・。

アナウンス倶楽部も同じです。
創業当時、ほとんど仕事がない時代、
新しい仕事がひとつでも増えるととびあがって喜んでいました。
(誤解しないでください!
 今も、一つ一つの仕事に対して大切にするという
 姿勢は決して変わっていませんよ。)
・・・が、「仕事への欲」が、さらに貪欲になっているなぁと
思わざるをえません。

「ベビーステップ」
ハイハイにはじまり、やっと歩けるようになったからと言って
いきなりマラソンはできません。
自分自身を見失わないように、ゆっくりじっくり進まなければ・・・

何より積み上げた信頼を大切に続けていくつもりです。

急激な成長や発展はない会社ですが
皆さん、あたたかくご支援くださいませ。


2件のコメント

  1. いつも楽しく拝見しております。
    そうか・・・
    私も「はいはい」から人生が始まったんだよなぁ・・・
    さらには、最初は「泣く」ことしかできなかったし・・・
    と、いろいろと思い返しました。
    できないことよりもできたことを喜び、感謝し、
    いきなり「マラソン」してやる!なんて思い上がらず
    日々を過ごしていきたいと感じました。

    ありがとうございました。

  2. mametaさん
    せっかくコメントしてくださっていたのに、
    今頃、気がついてしまったのです・・・
    申し訳ありませんでした!
    ブログ、読んでくださってありがとうございます☆
    なんだか、説教くさいブログのときもありますが、
    今後とも、ごひいきに(^^)/イトウヒロコの裏ぶろ~ぐもよろしく!

コメントはできません。