「しゃべってみんね!」と言われても・・・

いつもお世話になっているお寺があるのですが、そこでのエピソードです・・・

全体でのお参りのあと、檀家一同で食事をする席があるのです。

そこには、老若男女問わず、沢山の皆さんとの交流の場なのです。

お寺の席ですから、職業や年齢、家族構成などもわからぬまま、

単にそこの檀家であるというつながりだけで、

会話を探り探り行っていかなければならないという、コミュニケーション術の技の極意です。

ただ、会話の中心人物となるTさんという長老の男性がひとりいて、

そのTさんが軸となって話がはずみます。

しかし、かなりのご高齢で現在はたぶん無職・・・

会話の内容は、戦争の話や、兵隊時代の話なもんで、口なんて挟めません。

ワタシはただひたすら聞き役に徹するのみ。

すると、長老Tさんは、ワタシに興味を持ったらしく、いきなりですよ?!

「あんた、仕事は何?」と聞いてくるんです。

「・・・・司会業です。」と答えるワタシ。

「ほう、そんなら話は上手に違いない。なんか、しゃべってみんね!」

ひえーーー。そんなぁ。無茶振りもいいとこです!!

しゃべるって、何をですか?漫談でもやれと?

ひるむワタシをよそに、好奇で大注目の高齢者たち。

仕方がないので、自己紹介をやりました。

とほほ・・・

そんなことしかできない自分がとても悔しくて、

ああ、こんなことに対応できるネタもないのか・・・と、ズドーンと落ち込みました。

今後、「しゃべってみんね!」と言われて、即対応できる技術を身につけよう!!

と、燃えているのでした。まだまだ修業が足りません。

火をつけてくれた長老Tさんに、感謝?!(^^;


1件のコメント

  1. 大変でしたねぇ… でも見てみたい様な気もします 社長さんの漫談(笑) それはそうと仕事を聞かれた時に司会業… その時だけ?の話ならプランナーとか一種の人材派遣(一応間違いではないかと)とでも言っておけばまだ状況は変わってたかもですね(笑) でもこの経験が仕事で活きてくるといいですね

コメントはできません。